どうしてもお金が必要なとき 専業主婦 レディースローン

どうしてもお金がいる 主婦

お金が借りやすい主婦もいればお金が借りたくても借りられない主婦もいるでしょう。

 

何故にお金が借りれない主婦が存在するの・・・?

 

多分それは大抵の場合、仕事をしていないからお金が借りれない主婦が多いのかもしれません。

 

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りたいと思って利用するのであれば、最低限審査に通る身分でないとお金が借りれません。

 

だから働いていない主婦とかだとこの条件をクリア出来なかったりするでしょう。

 

でも融資を急いでいる主婦もいるのは確か、今か今かとお金が借りたい主婦もいる事なんだと思います。

 

じゃあこんな主婦はどうやったらお金が借りれるのでしょうか。

 

もしもどうしてもお金が必要な主婦がいるんだとしたら、消費者金融や銀行カードローンなんかでしたら配偶者の収入があればお金が借りれるというものでしたので、旦那さんへ相談してからお金を借りるならば借りるようにしましょう。

 

今の所この配偶者貸付以外の方法で収入がない主婦がお金を借りる方法はないってものでした。

 

それは大手消費者金融だからとか銀行だからとかではなくて、審査の甘い中小消費者金融でも共通だったりするみたいでしたので、収入のない主婦がキャッシングを希望するのであれば配偶者貸付でお金を借りるしか無いんだと思います。

 

ですから申し込みは旦那の同意が絶対必須となるので、消費者金融でキャッシングする主婦は配偶者へ同意及び確認を貰って下さい。

 

ただ例外として旦那さんが既にブラックなんかの場合、いくら年収があるとか収入があるとは言ってもお金が借りれないので注意しましょう。

どうしてもお金がいる 主婦 お金が借りたい

主婦がお金を借りるんだとすれば当然収入が無ければお金が借りれません。

 

自分がもしも専業主婦だとしたらお金が借りれない属性となるので消費者金融や銀行を利用する事はまず不可能でしょう。

 

但し審査が甘い消費者金融であれば大丈夫?

 

よくブラックとかでもお金が借りれるキャッシングも目にするんだけれど・・・。

 

いいえこの場合はブラック対応の中小消費者金融なんかでもお金が借りれる事はまずないでしょう。

 

主婦の人なら思わずブラックでも借りれる位審査が甘いのにどうして?
そう思われる事かもしれません。

 

答えは簡単に言えば利用者に収入がない場合、年収の1/3以上の借り入れが出来ない総量規制対象となってしまうので、安定収入が無い主婦だとお金が借りれなかったりするんです。

 

これは女性利用者の味方であるレディースローンキャッシングなんかにも同じ事が言えるので、パートなんかで働いている主婦ならばセーフなんだけれど何も無収入の旦那稼ぎのみの主婦となった場合、この総量規制が原因で審査に通らない事が確定したも同然と言えるものでした。

 

中には大手消費者金融だから審査が厳しいからとか思っている主婦もいるかもしれませんが、単に総量規制に引っかかっているのでいくら審査が甘い消費者金融を利用した所で審査に通る可能性は低いかなと思われました。

 

じゃあそんな主婦でも納得出来るキャッシング方法とは?

 

ズバリ働いてお金を稼いでキャッシングする!!

 

いやいやこんな事言っても働けない主婦であればこのセリフは失礼かもしれません。
よってアドバイスを変えてみます。

 

カードローンでお金が借りたいけれどキャッシングでお金が借りれない主婦がいたんだとすれば、総量規制にひっかかっている可能性大だから自分の収入が無いとかでお金が借りれないのであれば、何処の審査も自分でお金を借りる事は難しいと思いますので、配偶者の収入が必要となってくる事でしょう。

 

家計のやりくりや生活費の足しにしたいとかでキャッシングしたい主婦ならばごまんといるはずですので、こんな主婦はなんとか旦那を説得してなんとかお金を借りてもらいたいと思うものでした。
それでもカードローン審査で落ちる人もいると思いますので、万が一大手消費者金融や銀行カードローンの審査で落ちた場合は中小消費者金融で申し込みしてみて下さい。

 

こちらも恐らく配偶者貸付となると思いますが中小消費者金融の審査ならばカードローンより甘く、又レディースローンにも対応しているのでお金が大手で借りられない主婦でもお金が借りれる見込み性は高くなるでしょう。